自然派ワインとワインセラーの関係

【ワインセラー】ワインセラーは必要か

ワインセラーのイラスト

あいさん
あいさん
 この記事、私「あい」が担当です^^

レストランで頼むだけでなく自分でワインを選んで購入、家に常備するようになると、まず考えるのがその置き場所ですよね。

冷蔵庫なのか、それとも日の当たらない部屋?瓶を寝せろだの暑いのはダメだのワインはその保存にもなんとなく細かいルールが多いイメージがあります><

『ワインセラー』なるものが存在するのも知っているけど実際に家庭用のワインセラーを持っている人はそんなに多いわけではないし、適当にキッチンに置いてみたり?それともやっぱり冷蔵庫?

とはいえ、せっかくのワインが美味しくなくなってしまうのは避けたいもの。

今回はそんなワインの保存とワインセラーについて。

ワインの劣化要因

ワインとは非常にデリケートな生き物。

私たちに快適な環境とそうでない環境があるようにワインにとっての良い環境というのが存在します。ではワインにとっての大敵とも言える環境要素を見ていきましょう

1.高温

温度が高いと変質の原因となってしまいます。反対に低すぎても熟成がストップ。

15℃前後が理想的とよく聞きます。

2.温度変化

ワインは温度変化が苦手。ワインの変質につながります。

3.光

ワインは光が嫌いです。ワインの劣化につながります。

ボトル自体も光を通しにくくはなっていますがそれでも避けてあげるのがベター。

4.乾燥

理想的なワインの湿度は65~80%と高湿度です。

乾燥でコルクが乾いてしまうと、抜きにくくなったりコルクがボロボロになることもあります。

そればかりか、乾燥することでワインの瓶とコルクとの間に隙間ができてしまえばそこから微生物などの菌が入ってしまうことも。

菌はワインを変質、劣化させてしまいます。

5.振動

振動する事で酸素がワインに溶け込みやすくなり、ワインの熟成を早めます。

酸化も促され結果ワインは劣化していきます。

[speech_bubble type=”ln” subtype=”R1″ icon=”vinnachu.jpg” name=”ヴァンナチュ”] ワインの熟成を早めるという表現が正しいかどうかは分かりませんが、大きな振動はワインの攪拌を起こし、それは劣化につながると思っています[/speech_bubble]

6.臭い

ワインのコルクは臭いを吸いやすいため、一緒に匂いの強いものを保存するとワインに臭いが写ってしまいます。それぞれにまとう香りがありますからそれが失われては台無しです。

ソムリエのヴァンナチュ
ヴァンナチュ
 ・・・とよく書かれていますが、抜栓前に香りが移ることは、そんなにないと思っています

ワインセラーは必要なのか

上記に挙げたようにワインの保管には非常に神経を使います。

本来の味から離れていくことは非常にもったいないことですよね。ワインセラーがあることでこれらの条件を満たしてくれるわけですからそれはありがたいものです。

しかしそんなワインセラー、あるに越したことはありませんがデイリーワインとして飲むワインがお家での主流なら必要ないかもしれません。

要はすぐ飲んでしまえば。という話です。

ワインセラーが本当に必要となってくるのは長期でワインを保存する場合です。

この場合には保存することに”ワインを熟成させる”といった意味合いも出てくるため非常にその環境が重要になってくるのです。

ソムリエのヴァンナチュ
ヴァンナチュ
 それと自然派ワインにとっても大事です。そのあたりは今後ご紹介していけたらと思っています^^

ワインセラーなしに保存する

家庭内でワインを良い環境で保存するのは非常に難しいことです。

やはりワインセラーの代わりにはならない。ことを大前提として、それでも。ご家庭でワインを保存したい場合にはどうすれば良いか。見ていきましょう。

1.冷蔵庫

あいさん
あいさん
  冷蔵庫は温度帯が低くさらに乾燥気味なため保存には適さない。普段の開閉による振動や食材の匂いもあるから非常に危険なのですよね?
ソムリエのヴァンナチュ
ヴァンナチュ

これもよく聞きますね。ワインセラーを持っていない方にとっては、実は一般家庭では冷蔵庫が最も現実的です。

時々、床下とか押入れとか書いている本もありますが、今の日本、その場所も真夏は30℃を余裕で超えるので、年間通して温度変化の少ない冷蔵庫がおすすめです。

振動や臭い・・・私も昔そう本で読んで長いこと信じていたのですが、これ、ワインセラー売るためのコピーかも(笑)

ということで、ヴァンナチュさんのアドバイスにより、私も考えが変わりました(笑)。

家庭でワインを保管するなら冷蔵庫が無難です。

たしかに冷蔵庫は温度帯が低くさらに乾燥気味なため保存には適しません。

しかし日本の風土というのはワインにとっては非常に厳しい環境ですから(特に夏)そこを思えば冷蔵庫の方が良いかなと考えるようになりました。

ワインを冷蔵庫に入れるなら

冷蔵庫でワインを保存するなら野菜室で保存するようにしましょう。冷蔵室よりも温度が高く適温に近いためです。

その際にも新聞紙でボトルを包み寝かせて保存することで、光とコルクの乾燥から守ってあげましょう。

それでもやはり最適とは言い難い環境ですから、冷蔵庫に入れて”これで安心だ”と過信しないようにしましょう。

ソムリエのヴァンナチュ
ヴァンナチュ
 こと振動面では野菜室が気になるヴァンナチュです(笑)。とくに、引き出し式の野菜室に寝かせて置くと、その都度ワインの液面はボチャボチャ波打つでしょう。野菜室なら立てて。そうでない庫内なら寝かせて。

2.温度変化の少ない場所へ

真冬でなければ、できるだけ涼しい北向きの部屋など温度変化の少ない場所で保存するのも手です。その際にも光や乾燥から守ってあげることをお忘れなく。

ソムリエのヴァンナチュ
ヴァンナチュ
 うん、でも、やっぱり年間通して温度変化の少ないところに^^
あいさん
あいさん
 あ、はい!ってことで、やはり冷蔵庫がおすすめです^^;

やっぱりワインセラー

予算や場所に余裕があればやはりワインセラーの購入はオススメです。

ワインセラーがあることで安心してワインを購入することができますし、ワインの保存という観点からワインを”熟成”させるといった楽しみも広がります。

最近では家庭用に小型のものやお手軽なワインセラーも増えてきましたから、購入を検討してみるのもいいかもしれませんよ。

ヴァンナチュのつぶやきコラム~ワインセラー編~

ソムリエのヴァンナチュ

私が初めて自宅用に買ったワインセラーはペルチェ式という半導体で冷やすタイプだったのですが、これは止めた方がいいです。

時々ネットでも夏に冷えが足りないというデメリットを書いていることもありますが、それ以上に半導体の寿命が短いからです。

私も3年くらいでダメになりました。

コンプレッサー式のほうが少し高いけど冷蔵庫と同じ位の寿命と考えると絶対おすすめです。冷えも良いし。

時々コンプレッサーは音が気になるけどペルチェは静かとありますが、冷蔵庫がうるさくて仕方ないならまだしも、冷蔵庫より冷やさなくて良いワインセラーでそんな大きな音はしません。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告