シャトー・ポンテ・カネ

シャトー・ポンテ・カネ

≪CH.PONTET CANET 2007≫

(シャトー・ポンテ・カネ)

ゆうきさんイラスト皆さん、こんにちは。ゆうきです。

以前の記事で、ボルドーはヴィオディナミが難しいということを書き、ヴァンナチュさんが、格付けワインではポンテ・カネの成功が転機になっていると書いてくれたことがあります。

皆さん、こんにちは。ゆうきです。 今や日本への輸入量はチリが一位になりましたが、やっぱりワインと言えばやはりフランスと...

今回は、そのボルドーワインでは珍しく自然派の造りを行っている『シャトー・ポンテ・カネ』について書かせていただければと思います。

CH.PONTET CANET(シャトー・ポンテ・カネ)

フランス・ボルドー地方のワインで、メドック格付け5級に格付けされているワインです。現在のオーナーは、コニャックの生産者である、テスロン家です。

シャトー・ポンテ・カネはボルドーでは難しいとされていたビオディナミによる栽培を行い、ボルドー左岸のワインでは初めてビオディナミの認証を取得しました。

今回は、そんなボルドーワインのビオディナミの先駆者である、シャトー・ポンテ・カネについてのテイスティングレポートです。

シャトー・ポンテ・カネ2007 テイスティングレポート

シャトー・ポンテ・カネ

農法:ビオディナミ

畑:グリーンハーヴェストなし。馬で耕す

酵母:天然酵母

熟成:50%の新樽、35%のアンフォラ、15%の1年使用墫

その他:ビオディナミ認証取得(ヴィオデュヴァン、デメテール)

色は濃い紫色で、まだまだ若い感じです
カシスやブラックベリーの黒い果実の香りに、僅かにスモーキーさも感じられます
口にふくむと、タンニンが強く、がっしりとした骨格があり、濃厚な味わいです。ポイヤックらしい重厚なワインで、正にパーカー好みのワインといった感じでした

おそらく飲むのが早すぎたせいだと思いますが、タンニンがきつくて濃厚で、飲み疲れしてしまうワインでした。

正直、自然派らしさはまったく感じません。モダンで濃厚な流行のワインといった感じです。

ビオディナミに転換してとても高い評価を得たので、いかにも自然派っぽい感じなのかと思っていたので、これはかなり意外でした。

ですが、個人的にはとても良いことだと思っています。

「自然派」としてのネームバリューではなく、良いワイン造りを追い求めた結果、自然派に行きついたのであれば、ワイン造りにとって素晴らしいことです。

もちろん、ネームバリューを利用するのは悪いことではありませんが、今までも良いワインを造ってきたのだから、無理やりスタイルを変える必要は無いと思っています。

良くも悪くもきちんと「ボルドーワイン」でした。

ゆうきの自然派レポート

ゆうきさんイラスト

自然派っぽさ:★☆☆☆☆

濃厚さ:★★★★☆

果実味:★★☆☆☆

自然派っぽさは無いですが、ボルドーワインを代表するビオワインです。自然派ワインに興味がある方は、ぜひ飲んでみて下さい。

シャトー・ポンテ・カネについて

シャトー・ポンテ・カネは、1975年までクリューズ社がオーナーを務めており、お世辞にも質の良いワインとは言えませんでした。

ですが、1975年からはコニャックの生産者である、テスロン家が買い取り、見違えるような高品質のワインが造られるようになりました。

さらに、2004年からはビオディナミをと入れた栽培を行い、左岸のシャトーでは初めてビオディナミの認定を受けています。

ソムリエのヴァンナチュ
ヴァンナチュ
 2004年にビオディナミ導入、2005年には100%ビオディナミです。
ゆうきさんイラスト
ゆうきさん
 100%に変えるのも早いですね!
ソムリエのヴァンナチュ
ヴァンナチュ
 はい!そしてビオデュヴァンというビオディナミの認証を取得し(確か2010年)、その後デメテール認証も取得しています(確か2012年)

シャトー・ポンテ・カネの畑は、あの5大シャトーのひとつである、シャトー・ムートン・ロートシルトの向かいという絶好のロケーションに位置しています。

このように、大変優れたテロワールを持っているシャトー・ポンテ・カネは、1855年のメドックによる格付けで、5級に格付けされています。

ですが、近年はその質の高さから、3級と同程度と評されています。

その質の高さから、フランスのワインガイドである『レ・メイユール・ヴァン・ド・フランス』の2010年版では、最高評価である3つ星に選ばれました。

3つ星に選ばれているシャトーは、ボルドーでは18の生産者、フランス全体でも56の生産者しかいません。

また、著名なワイン評論家である、ロバート・パーカーJrも、シャトー・ポンテ・カネを称賛し、2010年ヴィンテージでは、100点の評価を付けました。

ソムリエのヴァンナチュ
ヴァンナチュ
 パーカー100点は2009年、2010年と連続です!すごい!!

今回はシャトー・ポンテ・カネについて書かせていただきました。ボルドーでも自然派の流れが来る、きっかけとなったワインです。今後も色々なワインを楽しんでいきたいと思います。

今日のワイン

輸入元はファインズなど

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告