【ドメーヌ・アラン・ビュルゲ】ヴォーヌ・ロマネ レ・ルージュ・デュ・ドゥス

アラン・ビュルゲ

≪Vosne Romanee 1er Cru“Les Rouges du Dessus 2011 “Domaine Alain Burguet”≫

(ヴォーヌ・ロマネ レ・ルージュ・デュ・ドゥス ドメーヌ・アラン・ビュルゲ)

ゆうきさんイラスト皆さん、こんにちは。ゆうきです。

今回は、ジュヴレ・シャンベルタン村を代表する有機栽培の造り手である、ドメーヌ・アラン・ビュルゲのワインについて書かせていただければと思います。

Domaine Alain Burguet(ドメーヌ・アラン・ビュルゲ)

フランス・ブルゴーニュの地方の生産者で、ジュヴレ・シャンベルタン村では自然派のワイン造りを行った先駆者でもあります。

現在ではメジャーである自然派によるワイン造りを、アラン・ビュルゲは、何と40年も前から取り入れており、そのワインは数々の著名人から賞賛されています。

そんなジュヴレ・シャンベルタン村を代表する自然派ワインの造り手の代表である、ドメーヌ・アラン・ビュルゲですが、今回はちょっと変わって、ジュヴレ・シャンベルタン村ではなく、ヴォーヌ・ロマネ村のワインである、ヴォーヌ・ロマネ レ・ルージュ・デュ・ドゥスについてのテイスティングレポートです。

ヴォーヌ・ロマネ レ・ルージュ・デュ・ドゥス2011 【ドメーヌ・アラン・ビュルゲ】 テイスティングレポート

アラン・ビュルゲ

農法:1977年からリュット・レゾネ、2012年からビオロジック、2013年からビオディナミ

醸造:天然酵母、ホーローを貼ったコンクリートタンクにて醗酵

その他:100%除梗、無清澄・無濾過

紫がかかった奇麗なルビー色で、若いピノ・ノワールという感じです。

ヴォーヌ・ロマネらしい、ストロベリーやチェリーのアロマで、香りは強く、かなり華やかな雰囲気です。

これは!

と期待したのですが、意外にも味のほうは薄く、やや単純であまり印象に残らない感じでした。繊細と言えなくもないですが、奥行きがあまり感じられず、香りと味のギャップがかなりありました。

果実味などはあまり感じられず、味の方は自然派っぽくありませんが、香りは自然の特徴が良く感じられます。

この生産者のワインは初めて飲むので、ジュヴレ・シャンベルタンは村のワインはまた違ったワインなのかもしれませんが、このワインについては、正直少しがっかりでした。

ですが、決して質が悪いという感じでもないので、ジュヴレや他のヴィンテージも試しなくなりました。

【ゆうきの自然派レポート】

ゆうきさんイラスト

自然派っぽさ:★★★☆☆

凝縮感:★☆☆☆☆

繊細さ:★★★☆☆

自然派が感じられる奇麗な造りです。やぼったさなどは無いので、自然派でエレガントなワインを探している方には良いと思います!

アラン・ビュルゲのヴォーヌ・ロマネはネットでは、ほとんど見つけられませんでしたので、ジュヴレ・シャンベルタンをご紹介します↓

ドメーヌ・アラン・ビュルゲについて

ドメーヌ・アラン・ビュルゲは、1974年にアラン・ビュルゲによって設立されたドメーヌです。

アランは自然との共存をコンセプトとし、1977年からリュット・レゾネによる栽培に取り組んでいます。アランは91年に逝去して今いますが、その後も息子であるエリック&ジャン・リュックの兄弟がドメーヌを引き継ぎ、2012年からはビオロジックを、2013年からは、ビオディナミによるブドウ栽培を行っており、その品質は常に向上しています。

さらに、アラン・ビュルゲは自然派による、伝統的な造りを尊重しているため、自然のサイクルを壊す摘果や過度の剪定は行なっていません。

また、自然との共存と言うコンセプトは醸造の過程においても変わらず、低温浸漬による抽出を認めながらも、自身ではそういったことは行わず、温度調節はせずに自然に醗酵が始まるのを待ちます。

酵母についても天然酵母のみを使用し、ホーローを貼ったコンクリートタンクにて、補酸と補糖は行わずに、醗酵を行います。

ルモンタージュ(タンク中のワインの下部のものをホースのようなもので抜いて、上から放出し循環させる方法)は行わずに、なるべく自然に任せ、必要な場合にピジャージュ(機械での循環ではなく、人が(かい)などで押し混ぜる方法)造り方をしています。

澱引きは合計で2回行い、無清澄・無濾過で瓶詰めされた自然なワインが出来上がります。

一時期流行ったような、無理に濃厚にするような作り方はしないため、そういったワインが好きな方には物足りないかもしれませんが、伝統的な素晴らしいワインを造っています。

今回はドメーヌ・アラン・ビュルゲについてご紹介しました。ドメーヌの設立当初から自然派によるワイン造りを行っている、貴重なワイナリーです。特にジュヴレのワインがお好きな人はぜひ試してみてください。

アラン・ビュルゲのヴォーヌ・ロマネはネットでは、ほとんど見つけられませんでしたので、ジュヴレ・シャンベルタンをご紹介します↓

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告