【ドメーヌ・ジャン・グリヴォ】クロ・ド・ヴージョ

ジャン・グリヴォのクロ・ド・ヴージョ

≪ Clos-de-Vougeot 2003 “Jean-Grivot-”≫

(クロ・ド・ヴージョ ジャン・グリヴォ)

ゆうきさんイラスト

皆さん、こんにちは。ゆうきです。

今回は、ヴォーヌ・ロマネ村でも有名な造り手である、ジャン・グリヴォのワインから、クロ・ド・ヴージョについて、書かせていただきます。

JEAN GRIVOT(ジャン・グリヴォ)

フランス・ブルゴーニュの地方の生産者で、ヴォーヌ・ロマネ村を代表する名門の造り手です。ヴォーヌ・ロマネ村は、あの世界一高いワインである、ロマネ・コンティが作られる村として有名な村です。

ジャン・グリヴォは、古くからワイン造りを行ってきた老舗のドメーヌで、現在では5代目となる、エティエンヌ・グリヴォさんが、当主としてワイン造りを行っています。

そんなエティエンヌ・グリヴォさんの、ワイン造りに対する思いはただ一つだけです。それは、「飲んだ人が幸せな気持ちになるワインを造りたい」ということなのだそうです。

ゆうきさんイラスト
ゆうきさん
 美味しいワインを飲んだ時には、本当に幸せな気分になれるので、この思いは素晴らしいですね。

今回は、そんな「幸せな気持ちになるワイン」を造っているジャン・グリヴォのワインからクロ・ド・ヴージョについてのテイスティングレポートです。

クロ・ド・ヴージョ2003 【ジャン・グリヴォ】 テイスティングレポート

ジャン・グリヴォのクロ・ド・ヴージョ

畑:リュット・レゾネ(減農薬農法)

醸造:低温マセラシオン期間を短め、

SO2(酸化防止剤):最小限を使用

さんざんヴォーヌ・ロマネの事を言っておいてレポートはクロ・ド・ヴージョかよ!と思った方はすみません(;^_^A

ジャン・グリヴォはヴォーヌ・ロマネとニュイ・サン・ジョルジュのワインが有名ですが、このクロ・ド・ヴージョについても、とても良い評価を得ているんです!

黒い果実やスミレのアロマ、しっかりとしたミネラルが感じられ、全体的にがっしりとして硬い感じでした。

10年以上たっていますが、まだ若いのか、意外なほどタンニンがしっかりしており、やや粗い感じを受けました。

ジャン・グリヴォのワインは、果実味があるエレガントな造りで、若いうちからも楽しめると聞いていたのですが、結構しっかりとしたワインで、まだまだ寝かせてから飲めば良かったと、ちょっと後悔しました。

ソムリエのヴァンナチュ
ヴァンナチュ
 ジャン・グリヴォは若いうちから楽しめるのはごく一部のワインな気がします。クロ・ド・ヴージョをはじめ、村名ワインなどは熟成させてから飲むのが良いかと思います。

ゆうきさんイラスト
ゆうきさん
 ああ・・・やっぱりそうでしたか(>_<)

果実味豊かというよりは、落ち着いた感じの正統派なブルゴーニュといった感じで、自然派っぽさはあまり感じません。

確かに、濃厚なスタイルではないので、そのへんの所から、早くから飲めると言われているのかもしれませんが、絶対に寝かせた方が美味しいのでは?と思いましたが、間違っていないのですね。

ワインはもったいないことをしましたが、私のテイスティングが間違っていたわけではないのでしたら、ちょっと安心しました。

【ゆうきの自然派レポート】

ゆうきさんイラスト

自然派っぽさ:★★☆☆☆

果実味:★★★☆☆

エレガントさ:★★☆☆☆

自然派っぽさはあまり感じませんが、良いワインです。正統派ブルゴーニュがお好きな方は試してみると良いと思います。

ジャン・グリヴォについて

ジャン・グリヴォは100年以上も前からワイン造りを行っている、ブルゴーニュの名門のドメーヌです。所有している畑の、半分以上がグラン・クリュかプルミエ・クリュで、そのことからもワインの質の高さが伺えます。

また、1920年には、当時としては大変珍しかった、ドメーヌによる元詰めを行うなど、ワインの質へこだわり、新しい変革も意欲的に行ってきたとされています。

現当主のエティエンヌ・グリヴォさんは1982年にドメーヌに入り、そのころから、徐々にワインにも変革をもたらします。

それまでの、ジャン・グリヴォのワインは、凝縮した果実味のある濃厚なワインだったため、テロワールを生かしていないなど、賛否両論がありました。

ですが、1980年代からは浸漬期間を短めにしたり、SO2(酸化防止剤)の使用を最小限に抑え、ブドウの栽培もリュット・レゾネを取り入れるなど、様々な改革を行ってきました。

その結果、現在はテロワールを生かした、しなやかでエレガントなワインが作られています。

そうした、様々な取り組みが評価され、2007年には、イギリスのワイン雑誌である『デカンタ』誌にて、『時代を通じて活躍するブルゴーニュの10大ドメーヌ』に選ばれるなど、名実ともに、ブルゴーニュの名門としての地位を築き上げています。

今回は、ジャン・グリヴォのワインいついて書かせていただきました。正統派ブルゴーニュのワインをぜひ飲んでみて下さい。

今日のワイン

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告