【ロバート・ヴァイル】キートリッヒャー・グレーフェンベルク・リースリング・アイスヴァイン(アイスワイン)

ロバート・ヴァイル・アイスヴァイン

≪Kiedricher Grafenberg Riesling Eiswein 2004 “Weingut Robert Weil”≫
(キートリッヒャー・グレーフェンベルク リースリング アイスワイン ロバート・ヴァイル)

皆さん、こんにちは。ゆうきです。

今回は、またまた私の大好きなワインであるドイツワインのレポートです^^

Weingut Robert Weil(ロバート・ヴァイル)

ドイツ・ラインガウ地方の生産者で、時のドイツ皇帝ヴィルヘルム2世に愛されたとことでも知られる、ドイツの歴史に燦然と輝く名門醸造所です。

現在では、サントリーが経営を引き継ぎ、作るのが非常に難しいとされている、トロッケン・ベーレン・アウスレーゼという貴腐ワインを14年連続で作るなど、現在でも名声を得ています。

今回は、そんなロバート・ヴァイルのワインを代表する、キートリッヒャー・グレーフェンベルク リースリング・アイスヴァイン(アイスワイン)についてのテイスティングレポートです。

キートリッヒャー・グレーフェンベルク リースリング アイスワイン 2004 【ロバート・ヴァイル】 テイスティングレポート

ロバート・ヴァイル・アイスヴァイン

畑:有機栽培、殺虫剤不使用

今回はアイスワインという、凍ったぶどうから果汁を絞って作ったワインです。水分が凍っているため、凝縮された濃厚な甘みが特徴のデザートワインです。

色は鮮やかな黄色で、やや粘性があります。

柑橘系やアプリコットの香りで、フルーティーですがかなり甘い香りです。

口に含むと、蜂蜜のような濃厚な甘みと、柑橘系のさわやかさが同居していて素晴らしいワインでした。甘いだけではなく、酸もしっかりとあり、アイスワインらしい、瑞々しさがあります。10年以上経過しているとは思えないようなフレッシュさがあり、熟成した果実をそのまま食べているかのようでした。

正直、自然派っぽさは全く感じません。ですが、ここまで素晴らしいアイスワインは、中々お目にかかれないと思います。

凝縮感はありますが、ソーテルヌのような濃厚な甘みではなく、甘酸っぱくてフルーティーなので、デザートワインはちょっと・・・という人でもぜひ飲んでみて欲しいです。

【ゆうきの自然派レポート】

自然派っぽさ:★★☆☆☆
フレッシュさ:★★★★☆
フルーティーさ:★★★★★
ワインとしての格:★★★★☆

甘いだけではなく、しっかりとした酸味もあります。数少ないラインガウの素晴らしいワインなので、飲む機会があったら、是非飲んでみて下さい。

ロバート・ヴァイルについて

ロバート ヴァイル醸造所は1868年に、ドイツのラインガウに創設されました。

ドイツ皇帝ヴィルヘルムII世は、このロバート・ヴァイルのキートリッヒャー・グレーフェンベルクのアウスレーゼが、大変お気に入りだったとされており、そのため、皇帝主催の正餐会のメニューには、フランスの、シャトー ラフィットやラトゥール、ムートンと並び、必ずヴァイルのワインが提供されていたと言われています。

さらに、外遊の際には、もてなす側は皇帝の機嫌をそこねないよう、このワインの準備を怠らなかったとか。

また、オーストリアのフランツ=ヨーゼフI世の宮廷が、ロバート・ヴァイルの1893年の、キートリッヒャー・グレーフェンベルク アウスレーゼを、一度に800本、13,000金マルク(推定で約2,400万円)という高値で買い上げたという記録も残されてもいます。

1988年からはサントリーが経営を引き継ぎ、4代目であるヴィルヘルム・ヴァイル氏が製造を行っています。

ぶどうの栽培は、有機肥料のみを使用し、殺虫剤は使用せず、収穫量はドイツの平均収量の半分以下まで落として品質を確保しています。さらに、貴腐ワイン用のぶどうは一粒ずつ丁寧に手摘みで収穫されています。

そんなロバート・ヴァイルのワインは世界中で高く評価され、『ゴーミヨ ドイツワインガイド』では、世界の最優秀生産者部門で、最高ランクである5ツ房にランクインしています。

今回は、ドイツワインの名門生産者である、ロバート・ヴァイルについて書かせていただきました。ドイツワインで有名なのは、最近はほとんどがモーゼル地方のワインですが、ラインガウのワインのすばらしさを再認識させてくれるワインでした。

ドイツのワインは、他にはないオリジナリティのあるワインなので、飲んだことの無い人はぜひ飲んでみて下さい。

今日のワイン

今回のアイスヴァインはネット上で見つけることはできませんでしたが、ベーレン・アウスレーゼのハーフをなんとか見つけることができました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告