「酸化防止剤無添加ワインは頭痛にならない」のウソホント

ゆうきさんイラスト皆さん、こんにちは。ゆうきです。

前回は無添加ワインのメリットデメリットについてか書かせていただきました。

やはりワインを飲む人にとって、「無添加」というのは大変気になる存在なのではないかと思っています。そこで今回は、無添加ワインでよく言われている、無添加ワイン・酸化防止剤と頭痛の関係についてです!

ワインを飲むと頭痛がする?

ビールやカクテルは飲んでも大丈夫なのにワインを飲むと頭痛がすると言われる方がいらっしゃいます。

ワインは好きだし、興味はあるけれど、頭痛になったり二日酔いになりやすいから苦手という方は、驚くほど多い様に思います。

せっかくワインに興味を持ってくれたのに、飲んで具合が悪くなってしまうのは大変残念なことです。できれば、頭痛を気にせずに、美味しくワインを楽しみたいですよね。

そこでしばしば登場するのが、酸化防止剤無添加のワインです。

Aさん
Aさん

ワインを飲んで頭痛になるのは酸化防止剤のせいだよ!
酸化防止剤無添加のワインなら頭痛にならないよ^^

こ~んなことを一度は聞いたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

実際にネットで検索すると出るわ出るわ(笑)。こんな(↑)文章^^;

Aさん
Bさん

無添加ワインだと頭痛にならないよ!

Aさん
Cさん

無添加ワインは悪酔いしたり、二日酔いになったりしないよ!

頭痛や悪酔い、二日酔いの原因が酸化防止剤なのでしょうか?

お酒をどれだけ飲んでも頭痛にならず、悪酔いせず、二日酔いにならない・・・本当なら嬉しいですよね!

あいさん
あいさん
 私自身も、ワインショップの店員さんから、酸化防止剤無添加のワインは体に残らないので、頭痛になったり二日酔いになりにくいと言われたことがあります。

ソムリエのヴァンナチュ
ヴァンナチュ
  そうですねぇ^^;
困ったことに、どこかで見た都市伝説を書いている素人さんのまとめサイトが多いのはしょうがないかもしれませんが、プロである私たちソムリエやワインショップの中にも、そう言っている人間がいますね(>_<)

ゆうきさんイラスト
ゆうきさん
 酸化防止剤無添加のワインは本当に頭痛にならないのでしょうか??
ヴァンナチュさんに聞く前に、調べてみることにします!

無添加ワインは頭痛にならないのか

酸化防止剤無添加のワインが頭痛にならないと言われるのは、

ワインに使用されている酸化防止剤である、亜硫酸塩が頭痛を引き起こしている原因となっているので、それを添加していない無添加ワインは頭痛にならない

というのが根拠です。

亜硫酸塩と聞くと、いかにも体に悪そうな物質に聞こえますが、実はワイン造りには欠かせない物質でもあります。

確かに、亜硫酸塩の一つである二酸化硫黄は、火山の噴火等により気体中に放出され人体に有害とされています。

そのような物質が含まれているワインは、人体に有害に違いないという理由から、酸化防止剤が含まれているワインを飲むと頭痛がすると言われるのだと思います。

また、そのような明確な理由が無くても、「添加物」という響きから、「人体に有害に違いない」とされ、頭痛の原因とされてしまうのです。

ですが、酸化防止剤の使用量は国によって厳しく規制されており、容量を守っていれば人体には全く影響はありません。→全く影響はないと言われています。

ソムリエのヴァンナチュ
ヴァンナチュ
 私も酸化防止剤は必要な場合のほうが多いと思いますが、「全く影響がありません」は「全く影響がないと言われています」と書いたほうが良いと思います。
もちろん、科学的に問題ない量よりもさらに少ない量にしっかりと制限されているので、安心してください。
ただし、アレルギー体質の人はいらっしゃいますので注意は必要です(酸化防止剤アレルギーは頭痛とは無関係です。ワインを飲んで重度の喘息状態となる方は医師に診てもらってみてください)

また、酸化防止剤はワイン以外にも、ドライフルーツやハムなどの加工食品にも使用されています。それらを食べて頭痛がするのであれば、酸化防止剤が原因と考えられますが、ワインを飲んだ時だけ症状が現れるのであれば、原因は別という可能性が高いでしょう。

ソムリエのヴァンナチュ
ヴァンナチュ
 ドライフルーツや缶詰には、ワインの数倍~数十倍の酸化防止剤の含有比のものがあります。ワインを飲む総量とそれらを摂取する総量とで酸化防止剤の総摂取量の比較ができるので一概には言えませんが、ワインが原因の方は、それらでもかなりの影響があるでしょうね。

ワインと頭痛の関係

では、酸化防止剤が頭痛の原因でないのならば、ワインを飲んで頭痛になるのは何が原因なのでしょうか。ワインが頭痛の原因となるのは次のような理由が考えられます。

①単なる飲みすぎ

ワインはアルコールを含んでいるため、飲みすぎれば当然頭痛がします。アルコールを代謝するときにできる、アセトアルデヒドが頭痛を引き起こすからです。

ゆうきさんイラスト
ゆうきさん
 ワインを飲んで頭痛がするという方には、女性が多い様に感じます。きちんとした統計を取ったわけでは無いので、あくまで個人的な見解になってしまうのですが、皆さんの周りではどうでしょうか。

女性の場合、男性に比べてアルコール度数の低いお酒を好む傾向にあります(もちろん全ての女性がそうというわけではありません)。

普段飲んでいるのが、ビールやサワー、カクテルの場合、それらに比べてワインは、はるかに高いアルコール度数です。ビールのアルコール度数が5%前後なのに対し、ワインは14%前後と3倍近い値です。

そのため、他のお酒と同じような感覚でワインを飲んでいると、知らず知らずのうちに沢山のアルコールを摂取してしまうのです。その結果、ワインを飲むと頭痛がする原因となってしまうと考えられます。

ちなみに、コンビニなどで売られている、安価な国産の酸化防止剤無添加のワインのアルコール度数は、9~11%のものが多いです。酸化防止剤無添加のものだと頭痛がしないというのは、この辺りにも原因があるのではないかと考えています。

②アレルギー

ワインを飲んで頭痛がする場合、ワインに含まれる物質がアレルギーを引き起こしている可能性があります。

酸化防止剤もアレルゲンとされる場合もありますが、専門家の意見ではかなり否定的な見解です。

ソムリエのヴァンナチュ
ヴァンナチュ
 前回の記事で書きましたが、酸化防止剤アレルギーは重度の呼吸器系の疾患を伴い。アメリカの権威が28年間で1人いたと言っています。
興味ある方は↓の記事をご覧ください。

皆さん、こんにちは。ゆうきです。以前、酸化防止剤について書かせていただきました。 さて、この酸化防止剤、『悪者』と思われていることが多...

ワインに含まれるアレルゲンとして他に考えられるものは、ワインの発酵段階で発生するチラミンや、コラージュに使用する卵白、赤ワインに含まれるタンニン等、様々な物質が考えられます。

チラミンは、マロラクティック発酵という、ワインの発酵段階で生成される物質です(マロラクティック発酵は全てのワインで行うわけではありません)。

ですが、チラミンはビールや日本酒、チーズ、ヨーグルトなどの発酵食品や、チョコレートなどにも含まれているため、これが原因とするのも難しいと考えられます。

卵白については、卵アレルギーがある方にとっては、十分に頭痛の原因として考えられます。

また、ワインを飲んだ時の頭痛が、赤ワインだけに出るのであれば、タンニン等のポリフェノールが原因となっている可能性もありますが、この辺りはまだ科学的に証明されてはいません。

③イメージ

ワインを飲んで一度でも頭痛がすると、たとえ原因が別にあってもワインが頭痛を引き起こしていると考えてしまうことがあります。

また、ワインを飲むと頭痛になるという話を聞くと、自分もそうではないかと錯覚してしまう場合もあります。このように、ワインが頭痛になるというのは、単なる思い込みの可能性も十分に考えられます。

以上のように、ワインの頭痛には様々な原因が考えられますが、今のところワインだけに症状が現れるはっきりとした原因はわかっていません。

因みに、酸化防止剤は、赤ワインよりも白ワインに多く含まれる傾向があるので、赤ワインにだけ頭痛の症状が現れる場合は、酸化防止剤が原因となる可能性はかなり低くなります。

また、ワインが造られる過程では、必ず微量の二酸化硫黄が生成されるため、たとえ無添加ワインであっても、微量の二酸化硫黄を含んでいます。

ワインを飲んだ時の頭痛を防止するために

今のところ、ワインを飲んだ時の頭痛の一番の原因は、単なる飲みすぎと考えられています。

ソムリエのヴァンナチュ
ヴァンナチュ
 ワインを飲んで息切れと喘息がでる方は酸化防止剤アレルギーでしょうが、頭痛は解明されておらず、ゆうきさんの書いている①と③の組み合わせ(飲みすぎとプラシーボ効果)という説が有力です。

そのため、頭痛を防止するにはワインと一緒に適度に水を飲むのが良いでしょう。

特に、最近人気のチリワインなどは、口当たりはフルーティーですが、アルコール度数ではフランスなどのヨーロッパのワインより高いものも多く存在します。

後はゆっくりと時間をかけて飲むことと、適量で止めておくとことです。

もちろん、頭痛がするのに無理して飲むことはありませんが、ワインは好きだが頭痛に悩んでいるという人は、これらの方法を試してみて下さい。

まとめ

ゆうきさんイラストこのように、無添加ワインは頭痛にならないというのは、かなり信ぴょう性に欠けると考えられます。

もちろん、どのワインを飲むかは本人の自由ですし、それで頭痛がしないのであれば、それはそれで良いと思います。

ですが、ワインの関係者からそのような意見が出るのは大変残念なことです。

こういった根拠のないことは否定するべき立場の人間が、それを利用してワインを売ろうとするなんていうのはもっての他です。これからは、イメージだけにとらわれず、ワインについての正しい見解や知識を伝えていける人が増えてくれると良いと願っています。

ソムリエのヴァンナチュ
ヴァンナチュ
 はい^^
私もゆうきさんも、酸化防止剤を使用していないワインを飲んで頭痛にならない方を否定しているわけではありません。
ただ、直接の原因が酸化防止剤である確率は低く、酸化防止剤とその他の物質との複合的なことや、食べ合わせなどが原因かもしれません。
とは言っても、酸化防止剤無添加のワインで頭痛にならないのであれば、(原因が酸化防止剤ではなくとも)そのワインを選択したほうが良いに決まっています!

ゆうきさんイラスト
ゆうきさん

 はい!ヴァンナチュさんの言う通りです!酸化防止剤無添加のワインだと何となく、頭痛にならないなぁ、もしかして原因は酸化防止剤なのかもって都市伝説が出るのもしょうがないです。

でも、それをプロが言ってはいけません。
「アメリカのアレルギー・臨床免疫学部門トップ博士が、28年間の診療で亜硫酸塩に「純粋なアレルギー反応」を示したのはただ1人」とヴァンナチュさんが教えてくれましたが、私たちワイン好きはこのような情報を持ったソムリエの言葉を信用するべきです。

ソムリエのヴァンナチュ
ヴァンナチュ
 『酸化防止剤』のことを『防腐剤』と言うワイン関係者もいるくらいですからね・・・

ゆうきさんイラスト
ゆうきさん
 ・・・

酸化防止剤無添加で劣化していなく美味しいワイン

ついでに1つワインをご紹介します。このサイトでは酸化防止剤無添加のワインも色々と紹介していくことになると思いますが(既に1つアップしています)、その中でも酸化防止剤無添加のワインの先駆者的なワインがニュージーランドのプロヴィダンスです。

1993年のファーストリリースから、なんと無農薬かつ酸化防止剤無添加!!

そして、ファーストリリースから世界で高評価を得たワインです!!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメント

  1. 匿名希望 より:

    これは、間違いです。掛かりつけの医師がワインの頭痛は酸化防止剤の原意が大きいと明言されてました。体の専門家の国家資格を持つ医師がはっきり明言されてました。デタラメを広めないように願います。

  2. ヴァンナチュ より:

    匿名希望さん、ヴァンナチュです。
    コメントありがとうございます。いつかは匿名希望さんのおっしゃるようなコメントが届くのではないかと思っていました。
    酸化防止剤で頭痛になる・・・そう思っている方にとってはご自身を否定される文章ですから。

    でもすみません。科学的、実証実験的な裏付けがないものをプロとしては紹介できないので、体の専門家の国家資格とは具体的に何の資格かと、その方が参考になさった文献を教えていただけないでしょうか?

    記事中(私の吹き出し中)の
    「アメリカのアレルギー・臨床免疫学部門トップ博士が、28年間の診療で亜硫酸塩に「純粋なアレルギー反応」を示したのはただ1人」
    はご覧いただけたと思いますが、これは体の専門家どころか、アレルギー・免疫の専門家の言葉です。
    (クリーブランド・クリニック(オハイオ州クリーブランド)のアレルギー・臨床免疫学部門のチェアマン、デービッド・ラング博士)

    ところで、匿名希望さんは、他のお酒は大丈夫なのにワインでだけ頭痛になりますか?
    もし、そのような場合、ワインを飲む分量はどのくらいですか?

    本当に、匿名希望さんを否定しているわけではないのですが、ソムリエとして私もできるだけお話を伺いたいと思って。
    もし、本当に酸化防止剤が原因で頭痛になることが分かれば、プロとして色々と考えなければならないと思うのです。

  3. 匿名希望 より:

    言うまでもなく医師は医学部で医学を学んだ体の専門家であり全ての医師は医師免許を持ってます。医師免許は国家資格です。命を預かっている医師ですからいい加減な事はできませんし、発言しません。一方あなた様は命を預かっている訳ではありません。今日、念のためその医師に確認しましたが、出鱈目だ、ネットにいい加減な情報を素人が書いて間違った情報が出回って迷惑だと言っておられました

    • ヴァンナチュ より:

      匿名希望さん、そうでしたか!その方は医師免許をお持ちのお医者様でしたか!!
      例えば、医師とは書いてあるものの、整体師さんも体の専門家の国家資格なので、どんな免許なのかなと思っていました。

      それは、大変失礼しました。早速記事を修正していきたいと思います。
      大変、貴重なご意見をいただき、ありがとうございます。
      最初に申し上げたように、ここでは決して匿名希望さんや、そのお医者様を否定しようと思っているわけではありません。逆に、私が今まで調べてきたものが間違っていることが分かれば、すぐに修正していきたいと思います。

      ネット上に出回る出鱈目は確かに多いです。私の記事はできればそれを改めたいと思ってのものです(結果的にそれが出鱈目になってしまったいのですが)。
      もし、よろしければ、このまま記事修正をしていきたく、ゆうきさんや私のように匿名希望さん、お医者様のコメントを記事中につかってまいりたいと思います。

      また、修正するうえでこのやりとりだけでは読者の方に伝わらないと思うので、色々とご質問をさせていただくことは可能でしょうか?

  4. ヴァンナチュ より:

    匿名希望さん、ご返信がないようなので、このブログでは今のところ、クリーブランド・クリニック(オハイオ州クリーブランド)のアレルギー・臨床免疫学部門のチェアマン、デービッド・ラング博士の言葉をエビデンスとし、また、日本でも酸化防止剤と頭痛との因果関係が医学的科学的な文献にネット上で探せないこと、迷信のように書いてあるサイトにしか出会えないことから、ワインの酸化防止剤と頭痛の因果関係は都市伝説という立場を支持します。

    ただ、何度も言うようにいつでも修正をするつもりはありますし、そのお医者様の持っている文献、実際に勉強なさった国家資格中の酸化防止剤についての項目を教えていただけたら、ぜひぜひ日本での正しい科学医学根拠として紹介させていただきたいと思います。

    よろしくお願いいたします。